乾燥が大きな原因になる

毛髪の洗いすぎに注意する

冬も臭い対策を行うこと

たくさん汗をかく夏にばかり、頭皮の臭い対策を行っている人がいると思います。
しかし、冬も臭いを発しやすいと覚えておきましょう。
その理由は、寒さによって頭皮が乾燥するからです。
乾燥を防ぐことで、臭いを緩和させられます。
まずは、シャンプーの頻度を減らすのがいいでしょう。
毎日洗っていると、頭皮の必要な皮脂がなくなってしまいます。

冬になるとあまり汗をかかなくなるので、2日に1回のペースでも十分です。
洗いすぎはよくないと、理解してください。
さらに、シャンプーする際の温度も重要です。
熱いお湯を使っていると、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
多少は皮脂が残って頭皮に潤いを与えられるように、ぬるま湯を使ってください。

指の腹を使って洗う

爪を立てて洗うと、頭皮が傷ついてそこに汚れが溜まります。
頭皮の状態が悪くなると、毛髪を守っているキューティクルも剥がれて嫌な臭いがするでしょう。
優しく毛髪を洗うことも、臭い対策に繋がります。
指の腹を使うと、頭皮が傷つく恐れがありません。
シャンプーは、しっかり洗い流しましょう。

少しでも残っていると、汚れの原因になります。
今まで適当に毛髪を洗っていた人がいるのではないでしょうか。
それが原因でシャンプーや汚れを綺麗に落とせなくて、臭いを発していた可能性があります。
シャンプーをするなら、しっかり泡を落としてください。
臭い対策にもなりますし、頭皮の状態がよくなるので育毛効果も生まれます。
薄毛を気にしている人にもおすすめです。


TOPへ戻る