乾燥が大きな原因になる

熱風を当てすぎてはいけない

最初にタオルで拭き取る

ドライヤーを使う前に、タオルで水気を拭き取ってください。
その時も乱暴に扱うのではなく、優しく少しずつ拭き取ることがコツです。
それからドライヤーで乾かすと、短時間で済ませることができます。
熱風を当てすぎないので、頭皮や毛髪にダメージを与えることはないでしょう。
これまで使っていたドライヤーの熱風が、臭いの原因になっていた可能性があります。

しかし髪の毛の長い人は、タオルだけで乾かすことは不可能でしょう。
ドライヤーを使っても良いので、使う時間を短くする工夫をしましょう。
また、地肌を乾かすように心がけてください。
毛髪は乾いても、地肌が濡れていると意味がありません。
一か所にずっとドライヤーを当てるのではなく、全体に万遍なく当てましょう。

タオルを被って乾かす方法

薄手のタオルを被りながらドライヤーの風邪を当てることで、頭皮へのダメージを減らせます。
その方法だと早く毛髪が乾くので、ドライヤーを当てすぎなくて済みますね。
時間がない人にもおすすめの方法です。
いつも夜遅くに帰宅して、それから入浴すると毛髪を乾かすのが面倒になったり、できなかったりしてそのまますぐに眠る人が見られます。

しかし毛髪にダメージを与えてしまうので、早く乾く工夫をしてください。
また皮膚に炎症を起こしている場合も、臭いを発します。
その場合は皮膚科に行って、治療しなければいけません。
炎症を起こしていないのに臭いが気になる人は日々のシャンプーや、ドライヤーの方法が間違っていることが原因だと言われています。


TOPへ戻る