乾燥が大きな原因になる

夏よりも臭う冬の毛髪の秘密

おすすめlink

横浜で医療用のかつらを相談しよう

医療用のかつらを制作できる横浜のお店を徹底リサーチ!髪のことで悩んでいる方必見の情報満載です。

吉祥寺のおしゃれで人気の美容院で女を磨く

吉祥寺のおしゃれな美容室で大人な女性に大変身!一味違う美容院で1ランク上を目指そう!

東京で痩身エステを受けてみた!

あの人気サロンで痩身エステを受けてみました!東京をメインに全国展開しているけれどその効果は如何に?

毛髪の洗いすぎに注意する

頭皮が乾燥したり傷ついたりすることで毛髪の状態が悪くなり、臭いを発するようになります。 夏に比べて冬は乾燥しやすいので、臭いも発症しやすいと言われています。 乾燥を防ぐために、シャンプーする頻度を減らしてもいいですね。 また、頭皮が傷つかない洗い方をマスターしましょう。

優しく毛髪を洗うこと

頭皮が乾燥することで、汚れが溜まったり髪の毛のキューティクルが剥がれてしまいます。
すると臭いを発症するので、乾燥しやすい冬は気をつけてください。
洗う時は、優しく指の腹で洗うように意識しましょう。
爪を立てて洗うと頭皮が傷つきます。
また熱いお湯をかけることは控えてください。
すると頭皮に刺激を与えてしまうので、ぬるま湯を使いましょう。
シャンプーする頻度を、2日に1回にしてもいいと思います。

お風呂から上がったら、すぐ毛髪を乾かしてください。
濡れたままにしていると、頭皮が痛んでしまいます。
ドライヤーを使って乾かす前に、よくタオルで水気を拭き取りましょう。
髪を乾かす時に便利なドライヤーですが、熱風を長時間毛髪に当てることでキューティクルが剥がれてしまいます。
ドライヤーの時間を短くしたり、あまり近くから風を当てないことが対策になります。

さらに、普段使っているシャンプーを見直してください。
しっかり汚れを落とせるように、強力なシャンプーを使っている人がいるでしょう。
しかし、頭皮にダメージを与えているかもしれません。
臭いの原因になっていることが多いので、気になる人はシャンプーを変えてみましょう。
アミノ酸系のシャンプーや、低刺激と書かれた製品だったら頭皮へのダメージを抑えられます。
今から対策すれば、臭いを完全になくせるので頑張ってください。
臭いがひどいと、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。
もう自分だけの問題ではありません。

熱風を当てすぎてはいけない

ドライヤーで熱い風をずっと送っていると、頭皮が乾燥したり傷んだりします。 使うのはいいですが、熱風を当てすぎないように注意してください。 ドライヤーで乾かす前にタオルで拭くなど、できる対策を行いましょう。 控えめに使っていても、しっかり毛髪を乾かすことはできます。

シャンプーが原因になっている場合

強力な成分が含まれているシャンプーは、必要な皮脂まで落としたり、頭皮や毛髪にダメージを与える可能性があります。 購入する場合は成分に気をつけて、刺激の少ないものを選んでください。 アミノ酸系のシャンプーだったら、余計なダメージを与えることはないので安心です。

TOPへ